Entries

一年ぶりに隣組会に出席した

先週は、震災後1年ぶりに部落の会合に行ってきた
議題は、役員改選です?
区長・組長などなどですが、家もなくなってみなさんバラバラなのに必要あるのかね~
30軒あった部落も津波被害が23軒
残った6軒内1軒は床上浸水状態
海岸から200mは松林となってしまう、建築許可も出ないらしい
高台移転しても田畑の耕作は原発被害で不可能・・・・
この地に居る必要が無いのが被害者の答えだ!
おいらは家はありますが・・・・住むまでの修繕費はどれくらいかかるだろうか?
隣組も高齢者、今後亡くなったとすると後継者も居なくなり最後は滅びた部落?
かな!
家も息子は東京避難、娘たちもいわき市へ行ってるし、おいらは仕事があるから残っているが
近い将来、孫を連れて遊びに来れる環境の地ではないのが状況!
町のあちこちが除染処理の仮置き場になってくるらしい、実際、金房グラウンドは掘り返して
埋められたらしい、部落も誰も住まなければ瓦礫置き場になってしまうとのこと
みんなで帰還する意思表示をしないとだめだといっても、残る人(戻る人)など居ないってことです。
悩みます~
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://blackvery.blog110.fc2.com/tb.php/265-b7d11757

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

りょう

Author:りょう
50半ばは、バイクがきつい

おすすめ

お知らせ


-天気予報コム-

ブログ内検索

おすすめ